2017年5月28日日曜日

サンタマッダレナ


ベニスからカレッツァ、そして此方へ来てそろそろ一週間になる。北イタリアは良い景色を巡れるハイキングコースが沢山ある。が、絵描きにとっては移動するために毎日登ったり降りたりを繰り返す事になるのがきついところ。
見渡す限りの牧草地の丘と青い山々が壮観である。


2017年5月15日月曜日

カレッツァ

第二の滞在地はカレッツァ。北イタリアにある泉で有名。水位はまだ低かったが険しい雪山に囲まれた深い青色の泉が印象的であった。その他にも牧草地から良い眺めがあるところが多く、トレッキングコースもある。


2017年5月14日日曜日

ブラーノ島

現在ベネチアに一週間の滞在中。水上バスで30分程にあるブラーノ島は色とりどりに塗られた家々で構成されている島。初めは余りの色の多さと幅に困惑してしまったが慣れてくると雰囲気の良い島である。特に夕方辺り、観光客が船で帰ってしまい賑わいが引いてくる頃になると、住民が街に出て来ておしゃべりをしたりしている姿があったりして生活感が出てくる。

絵の方はやはり色数が多いので描くのにとても時間がかかる。ここは一週間では描き切れないので再び訪れようと思った。




2017年2月6日月曜日

札幌個展~小樽の古道具屋

札幌大丸百貨店2月1日~7日 8階美術画廊 

個展のため札幌へ3日ほど滞在した。
札幌での個展は2009年から4回目となる。

新千歳空港到着時はマイナス12℃との機内アナウンスに驚いたが翌日からは寒さも和らいだ(と言っても依然零下)。
せっかく来たのだからと空き時間に小樽へ足を伸ばし海を見に行った。空気は冷たくどんよりとした鉛色の空で、雪国仕様でない革靴は足先からどんどん冷えていった。




 駅前や目抜き通りに溢れていた外国人観光客も来ない様な埠頭横の雪に埋もれた公園まで歩き、海を一通り見た後帰りは行きとは異なる道を歩いた。途中古い建物のある通りで、「古道具屋」を目にし興味のままに入った。


は大正時代に作られた建物の内装をそのままで、中に入ると古道具屋特有の古い匂いに包まれていた。古道具とも見方によってはごみとも言えないものがうず高く所狭しと積まれ、それらの谷間の窪みに二三箇所、石油ストーブが焚かれていた。
上手く進むのも難しいが、以前イギリスのチッピング・カムデンの古道具屋を訪れた記事にもあったように、元来そういった所が好きな自分は家漁りをしている様に珍しいものを探した。

静物画を主に描いてはいないものの、モチーフとして良さそうなものなどを選んで店主に値段を交渉する。これも面白かったりする。
小さいキャリーケースにぎりぎり詰め込んでいいものをいい値段で買ったという満足感と共に意気揚々と札幌から東京へ遥々持ち帰ってきたが、お土産でもないかさばる骨董品を見た妻は引越し前だと言うのにまた荷物を増えてしまったことに不機嫌そうであった。(土産は一応別で購入済みではある)


何を買ったかは、 いずれ描く静物画を見て想像してもらいたいと思う。


2017年1月8日日曜日

近作など


2017年、明けましておめでとうございます。


今年は個展に加え、自宅・アトリエの引越しの予定。

絵を主として活動を始めてからこれまで、屋外以外での制作は自宅の一室で行っていた。
しかし、年数を重ねるごとに道具が増え、更に子ども達も大きくなってきた為、徐々こにれ以上このスペースで制作することが難しいと感じて来ていた。
自分としては少し遅すぎたのかもしれないが、ようやく広い制作場所を持てる事になった。絵画関連の道具で家族に気を付けてもらうこともなく、家は家ではっきり切り替えて生活することが出来る。その点は作家によって様々だと思うが。

現在設計士の方に依頼した家の図面がほぼ決まり、基礎工事もほぼ終え、5月末の完成へと言う段階。(長野県は冬期は工事中断となる。)

家づくりは興味深く、踏み込めば踏み込むほど限りがない。「すべて任せる」と言えてしまえば楽なのだが、自分たちのこれまでの生活の反動?であれこれと理想や注文が湧いてきてしまう。
三谷幸喜の「みんなのいえ」を観て前とは異なった視点で楽しんでいる自分に気がついた。



下は昨年イタリアで描いた作品数点。今年は北方面に行きたい。