2013年7月9日火曜日

ニューヨーク

 
 


ニューヨーク市はメトロポリタン美術館に行くことを目的にして滞在を取った。三泊するので中二日は午前中〜夕方近くまで、出ては入って・を繰り返していた。セントラルパークに面しているため、休む時は外の露店でホットドックなどを買い、公園で食べながら気分転換した。しかし日中は暑かった。
美術館は勿論全てをじっくり見るのは無理なので、目的の展示室を何度も回っていた。それだけでも十分見応えがあある大きさ。人の密度も日本に来るフェルメールの企画展などの時ほど無いので、好きなだけ時間を掛けて、近づいてじっくり見て考えることができた。写真も殆どの場所で撮れる。しかし中には殆ど実物を見ず、写真だけ撮って立ち去ってしまう人もいる。写真資料など今やインターネットなどで見られるのに、実物を見ようとしないのは何なのだろうと考えてしまう。

色々見過ぎて帰る頃には頭がフラフラになっていた。
今回、風景画そして人物画の魅力を再確認した。そして過去の巨匠達には「センス」があり、二番煎じでない自身の画風を皆展開していることも、並んだ所蔵品の数々を通して見て改めて感じた。

2013年7月4日木曜日

 
 

結婚式は海外で行われるキリスト教の式で、初めての経験だった。ホテルの浜辺で行われたため、他の行楽者も遠まきからお祝いの声を送ってくれていた。
しかしながら自身、式直前にレンタカーのキーをトランクに入れたまま閉めてしまい、スーツに着替えることが出来ず、ジーンズにシャツという姿で端っこに参列することになってしまった。他の行楽者の位置かに居た方がいいと思えるくらいだった。しかし、式自体はとても良かった。
他の人達の協力のもと、鍵開け業者が来てトランクを開けてもらい、やっとスーツに着替えて食事会(日本で言う披露宴)に出ることが出来た。
初日の事と言い、何かが自分にスーツを着させないようにしているのではないかと思えた。
後者は自分のせいだが。

2013年7月2日火曜日

アメリカ

 
 

メイン州ポートランド空港に到着。今回は留学時代の大学の友人の結婚式のために来たが、そのついでにメイン州の景色とニューヨーク市のメトロポリタン美術館を見ようとしている。
到着後、いきなり預けたスーツケースが到着しないということが起こる。係員も何故か不在のため初日はそのままレンタカーでモーテルへ。遅れて到着した荷物は滞在先まで送ってくれると言うが、明後日にある結婚式に着るためのスーツが入っていた為、遅れては困るので、翌日再び空港へ行き直接荷物を受け取った。原因は荷物を載せた便がニューヨークでキャンセルになったからだと言う。預けた荷物は同じ飛行機に載せていない事もあることを今更に知った。この件で同じく荷物が届かなかった同じ便に乗っていたメイン州在住の一家に助けてもらい、友人になった。
そうでない人もいるが、親切な人は本当に親切である。