2013年2月16日土曜日

「夜の絵」と「昼の絵」

 
 



絵を始めるきっかけになった中学時代の担任の美術の先生が、以前絵を始た頃、「夜に絵を描くと夜の絵になるから・」と言っていたのが頭に残っている。その時は「夜の絵?」と思いアンリ・ルソーか何かの絵柄が頭に浮かんだ位であまり分からなかった。以降それについて注意を払うようになってから何となくその意味が分かってきた。
夜は周りの騒音や雑用が無いので集中がしやすい。眠気から解放されると気持ちが盛り上がりやすくなって、作られた作品は濃厚、濃密になる。「作品」と言ったのは、絵だけに限らないからだと思うから。恋文などは夜に書いてはいけないとよく言われる。朝見ると読めた物ではないらしい。書いたことは無いけれど。
井上義彦の「バカボンド」を読んだ時、これはたぶん夜に描かれているのではないのかな、と感じた。後半など特に世界観が濃密になっていた。

表現によっては夜に書いた方がいいものもある。自分の表現しようとしている絵の世界観は「昼間より」の物だと思っているので、出来るだけ日中に描こうとしている。個展前などではそうもいかず夜中まで描くこともある。そうするとつい筆を入れすぎて「濃密」になり雰囲気が変わってくる。

アンリ・ルソーの作品は夜描いたのだろうか昼描いたのだろうか。
彼が生きていた時代はまだ夜の照明が発達していなかったから絵は日中描いていたのだろう。

2013年2月1日金曜日

ヒーロー

 
 

息子が保育園で覚えてくる事が多くなってきた。
ある日カレーを食べていた訳でもないのに戦いの最中「カレーパンチ」と言ってパンチをして来た。(戦いとは、息子が仮面ライダーで自分が怪獣で行うという設定の遊び)
アンパンマンのアニメは見た事ないしアンパンチも教えていないのだが。気付いたら、家の中には玩具の車、前掛け、靴下・・など、いつの間にかアンパンマンなどのキャラクターグッツが多く生活に入っていた。

子供の時以来久しぶりに見た最近の仮面ライダーなどは、ベルトだけでなく剣、色々な種類の指輪、果てには新しく出てきたライバルキャラクターのベルトその他等・大人の事情でグッツが増えているような気がする。

正義のヒーローのつもり。
絵を描くための「腕鎮」も息子に持ち出されて武器になってしまった。