2010年7月26日月曜日

賑やかな空

ここ最近は夜空に色々な表情がある。
先日は調布市の花火大会があり、今日は雷がよく見えた。
 
 
 



こちらは、7月11日の7時半頃に見た光る雲。下の雲に隠れて見えなくなるまでずっと光っていた。遠くのスタジアムの照明に照らされて光る雲にしては明るすぎるし規模も大きすぎる。このようなものは初めて見た。夜光雲というものだろうか。
 



 

2010年7月16日金曜日

個展の様子

梅雨明けの様に、会期中は晴れに恵まれている。
今回は新しく出来たアート展示スペースでの個展。これまでのデパートのような奥まった作りにはなっておらず入り口が三箇所あり開放的。油断しているといつの間にか背後からスッと人が現れる。

隣には名前は忘れたが、京都とここだけにしかない喫茶店があり、抹茶のパフェと言うものが有名らしい。時々行列が出来ている。

昼食は妻に弁当を作ってもらったのだが、食べる場所が見当たらず、担当の人に相談したところ社員用の食堂を案内してもらった。デパートの裏方を覗いたようで少し面白かった。地下の生鮮食品売り場から十数階までの売り場の人達まで、表に出ていない人だけでもこんなに多くの人がいるのかと驚いた。
自分は客側でも店員と言う訳でもないので皆つけている名札もしておらず、どうもそこに居るのは変な気分であった。

2010年7月13日火曜日

HP更新

ホームページ内の絵を追加。写真は自分で撮ったものなので色が上手にどうしても出せない。
実物は今回の個展で展示。

昼過ぎに絵の受け渡しを終えてひとまず肩の荷が下りた。部屋に溜まった絵をすべて出したときには良い開放感がある。だだしこれは一日と持たない。夕方過ぎまで寝たため、久しぶりに出た夕日を逃してしまった。夢うつつに外から「夕日きれい・」という声が聞こえていたが起きることが出来なかった。

2010年7月7日水曜日

東京大丸展(来週)

東京大丸展(来週)
早くも来週から東京大丸百貨店で展示が始まる。今回はほぼ先月イタリアで描いた新作。

会場:東京駅ビル10Fアートギャラリー
期間:7月14日(水)~20日(火) ※最終日は午後5時閉場


「イタリアの~」と言うコピーだけど、掲載写真は近くの野川をモデルにした作品。

2010年7月6日火曜日

正確に描く事と早く描く事

 
イタリアでの授業でインストラクターMarc Dalessioがそのことについて口にしていた。
一見正反対に思えるが、実際は正確に描けなければ時間が多くかかってしまい、自分の手が頭で描いているイメージに一致したものを描ければ、早くなる。
なので、現在や昔の作家でも上手な画家ほど、良い作品を驚くほどの早さで描き上げる人が多い。早く雑に描くのは簡単だけれど、早いのに丁寧に描くのはことのほか難しい。経験と技術を磨いて出来るものなのだと思う。
ただ早く描くこと自体に良さがあると言えないが、時間がかかったから良いということも簡単には言えない。
自分でも、何日もかけた作品が駄目で、現場で数時間かけて描いたものがより良かったりということがよくある。