2009年6月24日水曜日

曇りが多い




妻の方は仕事があるためローマから日本に戻り自分はこれよりイタリアで3週間風景画の集中制作。行き先はオルビエト~フィレンツェで、ある風景画家のワークショップに3日参加し、最後にシエナへ行く。
しかしオルビエトは到着早々曇りや雨ばかり。少しの晴れ間を狙って描いている状態で中々進まずもどかしい。今年は雨が多いと宿の人が言っていた。

出 発前に空港で買った村上春樹の遠い太鼓と言う本を読みながら晴れるのを待っている。本は筆者がギリシアとイタリアに住んでいた時のエッセイ。丁度今回の行 き先と一緒だった。妻が見つけ買った物。最近流行っている新刊があるが読まない。流行っているときに一緒になって飛び付くのが好きでなく、ほとぼりが冷め た頃に手にしたりして、やっぱりいいなこれと思ったりする。
つまり時代遅れと言うのかも知れない。

2009年6月21日日曜日

5日目






顔や腕等は強烈な日射しにより黒くなる。余りの眩しさに明るい場所へ出ると右目が痛くなってしまった。サングラスはしたくないのでしない。
4日目は近くにあるイオス島へ船で行く。島の縁の人が滅多に歩かないような小路を探索。辺りの景色が凄かった。
写 真の様にギリシアの島では、階段や石畳の石一つ一つに白い色で縁取りしてあるのが面白い。手間を考えるとただの模様ではなく歩きやすくするためのものだと 思うが、道路の街路樹の幹までも全て白にされているのを見ると、ギリシアの人は目が悪いのかと思えてしまう。人柄は親しみやすい人が多い。

下は眩しさに耐えて描いていた景色。

2009年6月17日水曜日

サントリーニ島




成田空港よりローマ、アテネで乗り継ぎ、「サントリーニ島」と言う全長10km程の島に到着。
朝は風が寒く感じたが昼は強い日射しと白い建物(街全部)の照り返しで暑くて眩しい。
写真等でよく見る真っ青な空は地上が白いからそのコントラストで更に深く蒼く見えるため。
中々のんびりして良さそうなところ。街は白と青で構成されているので、絵を描く絵の具、セルリアンブルーの青とチタニウムかシルバーホワイトの白が両方とも乾きにくい色で持ち運びにくいと気付いた。

泊まる所に着いたら連れと二人で昼間から倒れる様に睡眠。


下の写真は竿竹売りならぬ壷売りの車。車からのスピーカーアナウンスが竿竹売りによく似ていた。

2009年6月15日月曜日

あっという間で

 
7日の結婚式も無事?終わり、気がつくとあっという間に一週間過ぎ旅行の出発の日となってしまった。式は快晴に恵まれ正装で外にいては暑いくらいだった。色々書く事もあったがその後の作業に追われて出発直前の更新となった。これからギリシア、イタリア方面へと向かう。
前回と同じように、現地から携帯を使って報告して行こうと思う。

2009年6月1日月曜日

制作記

絵に関しての記事がないので、最近描いた作品の制作風景の写真。
五月だが八月のように暑い日だったので大人も子供も川遊びしていた。何が捕れたのだろうか。