2017年12月3日日曜日

紅葉→雪

先月初旬から中旬にかけて紅葉は深みを増して、地域は彩り豊かになった。

そして早くもその月の後半に雪が積もった。
朝日を浴びて煌く木々は寒さの中に美しさを見せてくれる。
本格的な降雪はもう少し先で、日中には全て溶けてしまった。
もう少し積もるようになったらしっかりとした防寒をして描いてみたい。


小学校になった長男もこれから雪の中登下校となる。

2017年11月4日土曜日

美麻

自宅から北に約30kmにある大町市美麻の中山高原へ。
三方を丘に囲まれた場所。

休日なので子どもたちも同伴。普段自分が描いている時は子供たちは遊んでもらえず退屈してしまう事が多いのだか、この場所は山羊もいたりして飽きていなかった。



2017年11月3日金曜日

林檎畑

長野県は林檎も有名で、近くには林檎畑も多くある。畑の中を通ると林檎の良い匂いが漂ってくる。

農園の人に声を掛けて描かせてもらった。


 リンゴを農園の方に頂いた。
農園の方々は皆親切で、自慢の出来たての林檎を頂けたりすると林檎の木に対する思い入れが一層増して描ける。

2017年11月1日水曜日

紅葉など


先日は水溜りに薄氷が張っていた。
都心より一足早く紅葉を迎え、山の上から次第に色が変わって「紅葉が降りてくる」様子が見て分かる。

銀杏の紅葉は色鮮やかで見事だが、「ぎんなん」の実る銀杏付近は臭いがきついので近くで描くことを躊躇ってしまう。





2017年9月4日月曜日

由布岳

阿蘇山を抜け大分県由布岳へ。

道の駅の案内所の人に景色の良い場所を尋ねると親切に詳しく幾つか教えてくれた。

どこも見晴らしの良い場所であったが、天気などもあり描くには少し難しかった。
但しその場所を直接描く・描かないに拘わらず、地元の人々の話を参考にする事はその地域の「心の景色」を知る手掛かりになる。
結果地図の等高線を参考にしながら走り回り、川沿いの場所となった。
普段見慣れて地元の人も気に留めない何気ない場所でも結構良かったりする。


2017年9月3日日曜日

阿蘇山

熊本県へ。

阿蘇山へと近づくと、山に土砂崩れの跡が多く見られ震災の影響を実感させられる。
阿蘇山はカルデラの外輪山とその内側の内輪山とに分かれている。外輪山の道からの眺めは日本でありながらどこか違う国に要る様な感覚になる。

阿蘇山は裾が長くすっと伸びており、遠くから眺める景色はとてもきれいである。


この後訪れた菊池渓谷は震災の為閉鎖されていた。

自然はいつも美しいだけでなく、時に凶暴な面を持っていることを改めて感じさせられる。

2017年9月2日土曜日

川内峠

福岡から西へ、佐賀県を通り長崎へ。アップダウンの多い曲道を繰り返して進んでいき、森を抜けると開けた場所に出る。川内峠と言う周り360度遠くを見渡せる場所である。


イーゼルを準備したこの後、強風でキャンバスごと飛ばされた。